↑前回の話はこちら


第26話

C30D5CE0-8C5E-4E1D-95D7-D6B40E3FD404
DF74A0A5-2945-4123-BF71-10275D825664
9C24711D-74C9-43C0-9FF7-C6BDF03D3C1B
F14F8477-2335-4D4C-BEEC-9A2376FE5402
1C205628-9AC3-446C-821C-327FB82AED71
B8184608-663C-4B72-9A10-5065D2E14635
9BA203B8-5DA0-4B99-95A9-3E36D1B67A58
9D65C825-F880-42F4-85A0-EFEA1690F9B3


あとがき
幸いにも、マサマサが暴れたことは学校で問題になることはありませんでした。イジメ自体も見て見ぬふりだったからでしょう。
そして、マサマサが暴れた後、目立ったイジメは無くなり(無視などはされたみたいですが…)、落ち着いたそうです。
更に、マサマサのお母さん…実は水面下で動いていました。機能していない学校を改善するため自らPTAの会長になり、イジメを含めた様々な問題解決に取り組んだそうです。その影響でしょうか、生徒に無関心だった担任の先生も、段々と生徒と向き合うようになったんだとか。(この漫画上では、イジメに関するアンケートを取るという「そんなんやってますアピールなだけやろがい!」的な感じで描いてますが、あくまでこれは担任がイジメに関心を持ったという例の描写であって、これが全てでは無いです…!)
こうして、マサマサが中学3年の時には、学年全体のイジメはほぼ無くなったそうです…(受験期というのもあって、それどころでは無くなったと言うのもあったかも、とマサマサ談)

↓次回に続きます。



LINEで更新通知を受け取る